家政婦さんの資格

日本全国にいる家政婦さんは、何か特別な資格を持っていると思われがちですが、実は家政婦さん自体に必要な資格という物はありません。もちろん、調理師や介護士、フードコーディネーターの資格を持っていると家政婦の仕事の幅が広くなる事は間違いありませんが、家政婦をやる上での必要な資格はありませんので、おぼえておいてください。

その為、家政婦を選ぶ時には、選ぶ基準が難しくなってきてしまいます。家政婦を依頼する時にもっとも重要な事は、過去に担当してきた家政婦の仕事内容を確認する事です。大きな屋敷に勤めていた。シングルマザーの手助けのために週に三回、夕方の三時間だけお手伝いをしていた。単身赴任の男性が忙しかったので、食事の買い出しや料理、洗濯、掃除と家事全般を行っていたなど、これまでの経験を聞く事によって、その中で、自分が依頼したい内容に合う物があったり、近い物があれば失敗は少なくなると思われます。

もちろん家政婦さんの中には新人さんもいらっしゃると思います。そんな新人さんは良いか悪いかはわかりませんので、一度来てもらって、仕事内容がちゃんとしていなければ変更してもらうような措置はとれると思いますので、安心してください。