求められるスキル

家政婦さんに求められるスキルは、料理の腕前であったり、掃除の丁寧さであったりすると思いますが、もっとも必要なのは、依頼主に対する忠実さです。

家政婦という仕事の立ち位置は、依頼人が忙しかったり、疲れていたりして出来ない事を代わりに行うのが主な仕事になりますので、特別な資格や、特別な技能はそれほど必要はありません。特に最近多いシングルマザーの方の生活のお手伝いなどは、その最たる物で、誰もが普通に出来る物を代わりに行っているだけですので、特別難しい事を行っているわけではありません。

逆に言えば、何かを造りだすようなクリエイティブな仕事でもありませんし、自分で判断して行う仕事ではありません。その為、依頼された内容を忠実にこなす事がもっとも必要なスキルになる事です。家政婦の仕事は忠実さを求められます。「最近依頼主が太って来たから、今日はお肉はやめて野菜中心にしよう。」などと勝手に判断して、依頼されている事以上の事をしてしまうのは家政婦として失格です。家政婦に求められているのは、依頼に対して忠実に業務を遂行する事です。自分から何かを生み出すのではなく、言われた事を忠実にやり遂げるのがもっとも重要になります。