家政婦さんの心得

家政婦さんは依頼主がいない時に作業する事もありますので、直接的に会わない場合もありますが、大抵は仕事が終わった時などにお話しする機会があると思います。家政婦として働く場合、もっとも注意しなければいけないのは考え方と上下関係です。特に名古屋の方の家に家政婦として雇われている場合には、この部分をしっかり注意しなければなりません。

名古屋の方は、全体的にみると非常にプライドが高くなっています。その為、自分の発言、行動に意見されるのが本当に嫌いです。その為、たとえ正しい事だったとしても、依頼主の発言に意見するのは控えてください。もし、この名古屋人のプライドをしっかり理解しておかないと、何でもない所でトラブルになってしまう可能性もあります。もちろん、相手に意見を求められたら自分の意見をしっかり伝える事は重要になりますが、それでも言葉をしっかり選ぶようにしないと、相手の方のプライドを傷つけてしまいます。

家政婦と依頼主は友達でも、仕事の同僚でもありません。あくまで依頼主に言われた事をこなす雇われの身という事をしっかり理解しておきましょう。無理にへりくだる事はありませんが、指示通り動けるように心がけてください。